「World's Wing 翼 Premium 2007」

無事千秋楽を終えたようで、嬉しいです。
千秋楽はやっぱり仕事で観劇することは出来なかったけれども、皆さんのブログを読んで涙。
良いこと言うな~とシミジミ。でもファンはタレントに似るっていうように、皆さん暖かい人だな~っと、そう影響与える今井さんはやっぱり凄いな。
これからも翼にとって素敵なファンでありたいな。
本日は剛兄さんや森さんがいらっしゃったようで、前日には光一さんと東山さん。他にも色んなジャンルの方々が足を運んでいただいたようで、後半は怒涛のゲストラッシュ!ぜひ、皆さんから感想を聞きたいなぁ。
千秋楽ではたくさんの感謝の気持ちを述べ、その空間にいられなかったファンへの配慮もあり、こちらこそ!こちらこそ!っという感謝のきもちでイッパイです。
怪我についても触れ、自分の思いを言葉に伝えようとしてくれる姿が、どれだけファンが安心したか。弱さをあまり口にしない人だからこそ好きなんですけどね。この人の発する言葉は適当じゃない、いつも真剣に向き合って発してくれてると知っているからこそ、重みがある。きちんと耳を傾けたい。
バックの子で何人か涙してる姿がいたと聞き、なんだか幸せでした。今井さんも言ってましたよね、涙を我慢しながら踊ってる子や、舞台袖で泣いてるjr.がいるって。あぁ、こんなにも強い気持ちでステージに立ってくれてるんだって。当たり前のことだけど、当たり前以上に頑張ってくれてることが伝わってるから嬉しい。でも、それも今井さんの人柄やダンスに対する強い深い思いが伝わってるからこそなんだろうな。
「感謝」今井さんからは感謝という言葉を色んな角度から、たくさん影響を頂いてる気がします。
スタッフやバックで踊ってくれたJr.やダンサーズに対してもそうだけど、松竹座で共にした関西Jr.への言葉があったと聞き、もう完敗ですよ。あー今井さんと一緒にお仕事が出来る人は幸せだな~って心底思います。
そういえば、松竹座で翼が客席に向かって最後挨拶をする時、一緒に行った友人がこう言ったんです。
「こんなに気持ちのこもった挨拶をする人は始めて見た。」って、
それを聞いた時、すごく嬉しかったです。伝わってる、挨拶はただの挨拶ではないんだ、そこにも人間性が存在するんだって、感じたのを思い出しました。
各セッションのスタッフと表現した今井さんに、なんだかホッコリ。同じような職業柄、一人ひとりの存在を認めてくれてるようで嬉しいな。
あー出来れば、その場にいたかったと心底心底思いますが、
いいんです、きっと行けなかったファンの人達の分まで拍手を送ってくれたでしょうから。今井さんには届いてると感じるから。
283の更新で確信してます。
舞台が無事終えたこと、怪我のこと、今の思い、そして感謝の言葉。
行けなかったファンにも伝えてくれる優しさ。
最後に「またね」じゃなくて、「ありがとう」ってくるとこが今井さんらしい。

この人のファンで良かったと何度も実感させてくれる私たちファンは、なんて幸せ者なんでしょう。

あーーーー大好きだ!!!

「翼世界」に携わった全ての人へ、ありがとうございました☆


翼へ…☆
本当に、ありがとう。